ドクター

美容外科の切らない痩身術で脂肪を減らす|長い時間をかけない方法

注射で痩せる

相談

二重あごが気になるという場合や二の腕の脂肪を落としたい、一部分だけ痩せたいという場合にぴったりな痩身術があります。大きな範囲の脂肪を落としたいというときには、有名なベイザーやボディジェットといった脂肪吸引を行うといいでしょう。一方部分やせが目的で、もっと手軽に行える痩身術を探しているというときは、脂肪溶解注射が向いています。脂肪溶解注射はメソセラピーとも呼ばれており、施術にかかる時間はわずか10分足らずのお手軽な方法なのです。この脂肪溶解注射の中には特殊な薬剤が含まれており、その薬剤の働きで脂肪細胞が破壊されるのです。カニューレでも似たように脂肪細胞を破壊する薬剤が使われることがあります。しかし、カニューレは体内に挿入して使うものなので、施術できる部位が限られていました。また、切らない脂肪吸引であってもほとんどの場合、皮下脂肪に十分な厚さがないと行うことができません。しかし、この脂肪溶解注射を用いた痩身術であれば、使用する針がとても細くカニューレが使えない顎の下の部分やせも可能なのです。また、細い針を使用することで痛みを最小限に抑えることもできます。顔や二の腕の脂肪が薄い部分、また太ももなどにこの脂肪溶解注射が活躍してくれるでしょう。

太ももは脂肪がつきやすい部分です。自己流のダイエットでもその部分だけはなかなか細くすることはできないでしょう。効果的だと言われる切る脂肪吸引なら一気に太ももを細くすることができますが、切ることが嫌だと言う人や費用が心配になる人もいます。そういった人は脂肪溶解注射を使うといいでしょう。他の痩身術と比べて施術できる範囲が小さい分、費用を抑えることができます。また、注射なのでメスを入れる必要がなく、ダウンタイムもほとんどありません。

太ももは範囲が広いのに、なぜ脂肪溶解注射が効果的なのでしょうか。太ももにある脂肪は老廃物と一緒になってセルライトになることがあります。セルライトがたまると血液の流れが悪くなりさらに痩せにくい状態になってしまうのです。そんな部位に、この脂肪溶解注射をすると脂肪やセルライトを溶かしてくれるだけでなく、血液の流れも活発にしてくれるのです。血液の流れが良くなれば更に太ももが痩せやすくなります。破壊された脂肪やセルライトも次第に体外へ排出されスッキリとした太ももに生まれ変わるでしょう。ただし、その効果を得るためには数回の脂肪溶解注射を打つ必要があります。