ドクター

美容外科の切らない痩身術で脂肪を減らす|長い時間をかけない方法

切ってカニューレを使う

女性

美容外科で行われている痩身術には切る方法と切らない方法があります。そして、体の負担が少なく傷跡が残らないという切らない痩身術はとても魅力的な方法に思えます。しかし、この方法ではたくさんの脂肪を一気に除去することはできません。太ももやお腹の脂肪が多いという人の場合は、切って行う痩身術のほうが向いているといえるでしょう。切る方法は切開することで痛みや内出血というような体への負担、術後の回復までに時間がかかってしまいます。それでも、多くの脂肪を除去でき、リバウンドが起こりにくいという大きなメリットがあるのです。また、切開後に吸引する脂肪を調節することができるので、脂肪がなくなって体のラインがおかしくなったというトラブルを回避することができるでしょう。ただし、切る方法は医師の腕にかなり左右されるので、医師をしっかり選んで行うことが大切です。

切る痩身術の種類は多く、その中でも一番有名なのがボディジェット法でしょう。ボディジェット法は、水流を使って脂肪と他の組織を分離していき吸引するというものです。脂肪の部分に挿入するカニューレの先端からは、麻酔と止血効果のある脂肪溶解液を強い水流にして出すことができます。その液が固くなっていた脂肪を柔らかくしてくれるため、脂肪が分離しやすくなるのです。ボディジェット法と同じくらい有名で、より効果の高い痩身術がベイザーと呼ばれるものです。ベイザーの場合、カニューレの先端からは水流ではなくベイザー派という超音波が出ます。この超音波は脂肪細胞を柔らかくすることができ他の組織から綺麗に分離してくれるでしょう。そのベイザーの脂肪除去率は90%と言われていて、他の方法と比べるととても高い効果を得ることができるのです。また、ベイザーは二の腕やウエストといった部分やせでよく行われる部位だけでなく、背中や膝周り、全身の脂肪を除去するのに用いることができる方法です。引き締め効果も期待できるものなので、術後に起こりやすい皮膚のたるみも少ないというメリットがあります。

このように切って行う痩身術は大きな効果を得たいときにとても便利なのです。また、ボディジェットやベイザーの効果は半永久的で、3回程度通院することで理想的なボディを手に入れることができるでしょう。