痩身術でスラリとしたボディに

美容外科の切らない痩身術で脂肪を減らす|長い時間をかけない方法

超音波を使う痩身術

太ももやお尻についた頑固なセルライトは、美容外科の痩身術で撃退しましょう。とくに、超音波を用いた方法がセルライトには有効です。超音波が脂肪細胞を破壊して体外へ排出しやすくしてくれます。

理想の体型になる

最近はメスや吸引機を使用しない痩身術が話題となっています。特殊な薬剤を注射する方法となり、麻酔やダウンタイムも必要ないので気軽に受けることができるでしょう。健康的に痩せることでダイエットを成功させることができます。

切らない痩身術の種類

ドクター

ダイエットしたいのになかなか痩せられない、ダイエットが続かないという人は多いでしょう。体についてしまった余計な脂肪を落とすために、いろいろなダイエット方法が本やメディアでも取り上げられます。例えば、プロテインを食事と置き換えてカロリーを抑える方法や、専属のトレーナーと二人三脚でダイエットに励む方法、ヨガやエクササイズのDVDを見ながら自宅で実践する方法など、実にいろいろな方法があります。このように工夫や努力を重ねてダイエットをしている人がいる中、そういったものを続けられないこともよくあるのです。続けて行うのが向いていないという人は、短時間で効果を得やすい美容外科の痩身術に目を向けてみるといいでしょう。美容外科では、大きく分けて2つの痩身術があります。まず1つ目が、皮膚を切らずに行うことができるというものです。メスを使って皮膚を切ったりしないので傷跡が残るというリスクを避けることができます。また、この方法は切って行う痩身術とくらべて、脂肪以外の組織を傷つけることが少なくトラブルが起こりにくいという特徴があります。そして、切らない痩身術は、短期間で大きな効果を実感することができるでしょう。長い時間をかけて食事制限や運動を行ってもなかなか得られなかった効果を数時間から数週間で実感することができるのです。また、普通のダイエットで脂肪細胞を小さくして痩せるよりも、切らない痩身術で脂肪細胞の数自体を減らして痩せたほうがリバウンドしにくくなります。

2つ目が切って脂肪を吸引するという痩身術です。皮膚を切ってしまうので傷跡が残る場合があります。しかし、直接カニューレを挿入して脂肪細胞を吸引することができるので、一度で多くの脂肪を除去することができる方法です。また、必要な脂肪の量を調節しやすいので理想的なボディラインを作るのには、こちらの方法が便利だと言えるでしょう。

通常のダイエットよりも楽に痩せることができる切らない痩身術には、3つのタイプがあります。それは、脂肪を加熱する方法と冷却する方法。そして、脂肪を溶解、または分解させて減らすという方法の3つです。脂肪を加熱するというときに用いられるのが超音波やラジオ派、赤外線などを使うことができる機器です。冷却をする方法の場合、冷却と加熱を繰り返して脂肪細胞を破壊していきます。脂肪を溶解や分解する方法は主に注射器で行われ、その作用がある薬を患部に直接注入するのです。

注射で痩せる

切らない痩身術の1つに脂肪溶解注射があります。これは普通の施術で行うことができない、皮下脂肪の薄い部分でも使うことができるのです。また、血行をよくするので太ももにも効果的です。

切ってカニューレを使う

皮膚を切って行う痩身術で有名なのが、ボディジェット法とベイザーです。これらの方法は、切らない方法よりも、多くの脂肪を吸引することができます。一度で大きな効果を得ることができるでしょう。